• HOME
  • > 構造と工法

構造と工法

少ないエネルギーで
夏涼しく、冬暖かい
真に快適な健康住宅
「ファースの家」

「ファースの家」は、そこに暮らす人と家の健康をとことん考え、日本の気候風土に最も適した茅葺き屋根の思想を取り入れています。温熱環境性能に特化しており、太陽光の活用や調湿機能などをあわせ持つ高機能・高性能住宅です。

エアコン2台[※](メイン: 小屋裏1台、予備: リビング1台) をメインとし全室冷暖房できる住宅性能。家中、冬は暖かく夏は涼しい。パネルヒーターなどとは異なり、お部屋を広々使えます。また、少ないエネルギーを効率良く使用することで、光熱費にも大きく影響します。
断熱・気密・冷暖房・換気・調湿(湿度調整) のバランスと太陽光の活用が大切です。

「ファースの家」は、ライフスタイルに合わせた自由設計の健康注文住宅です。

※建物の大きさ、世帯数などでエアコン台数が変わる場合があります。

4つの要素

温 度
ファース専用断熱材「エアクララ」の吹き付け工法により高い気密性で冷暖房の熱を外に逃がしません。構造体内の空気を循環させ最適な温度に調整することで、家全体をほぼ一定の温度に保つようにします。
湿 度
ファースの家は床下に敷き詰めた調湿材「ファースシリカ」により、住宅内の湿度が高くなると水分を吸着し、低くなると放出。人が快適に感じる湿度を維持するようにします。
空気清浄
家外から換気システムで取り入れた空気は、「ファースシリカ」を通すことで化学物質や有機ガスなどの汚染物質を取り除き、空気をきれいにしています。
空気の流れ
人が快適だと感じるといわれる室内気流は0.1~0.2m/秒程度。ファースの家はおよそ0.2m/秒で、ゆるやかに新鮮な空気を各部屋に循環させることができます。

健康空気循環システム「AIキット」

「ファースの家」は、ファース専用の健康空気循環システム「AIキット」による、通常運転モードもしくは排気運転モードにより換気を行っています。
通常運転モードでは、天井裏の熱交換式換気扇から取り入れた外気を床下に送りこみ、空気の上昇による空気循環換気を行います。
排気運転モードは、天井裏で強制排気し、床下より外気を取り込み、1時間に家全体の半分以上の空気を入れ替えます。

6つの快適機能

1空気清浄
「熱交換式換気扇」により、外気を天井裏から室温に近づけて取り入れ、壁内通気層を上昇しながらきれいな空気が家全体を循環。床下に敷き詰めた自然素材の「ファースシリカ」がホルムアルデヒドやタバコの臭い、有機系ガスの汚染物質を吸着し、シックハウスなどの問題を低減します。
2耐久性・調湿機能
健康空気循環システム「AIキット」と、床下に敷設した空気清浄調湿剤「ファースシリカ」の2つの組み合わせにより病原菌が発生しにくい湿度を保つようにします。空気中の湿気が高いときには水分を貯め込み、乾燥時には排出。うるおいのある快適な状態を維持するようにします。家がじめじめしないことで、構造体の腐食も防ぎます。
3高気密・高断熱
室内温度をキープするのはもちろん、壁の中の断熱材が経年劣化しにくく、外壁と接する柱などの木材からの熱損失を軽減する方法として、内外ダブル断熱を採用。外側は「ファースボードK」、内側は現場発泡スプレー方式の断熱材「エアクララ」で、気密と断熱を同時に実現します。また、断熱性能の優れた「専用サッシ(窓)」により、窓からの熱損失対策も可能となります。
4地震対策
木造軸組工法等でがっしり組みあげることにより、一般住宅と同等以上の強度を発揮。さらに、丈夫な基礎と土台の間の樹脂発泡断熱材「エアクララ」が、外壁、土台、基礎と連結して柔らかく結合し、地震の揺れに柔軟に対応します。なお、枠組み工法(2×4など)との組み合わせも可能です。
5省エネ・エコ電化
湿度調整がしやすい、エネルギー効率が良い、燃焼ガスが発生しない、CO2の排出を抑えるなど、機能面・環境面ともに多彩なメリットがあるエコ電化仕様を採用。気密・断熱に優れている「ファースの家」は、エコ電化ならではのムラの少ない暖かさや涼しさを実現します。
6冷暖房のランニングコスト
天井裏に設置したエアコンをメインとし、家全体の冷暖房を行います。高気密高断熱の構造でしっかり守られた建物の壁内に設けた通気層を通り抜ける空気の流れをつくることによって、快適な温熱環境をつくり、少ないエネルギーをムダなく効率的に使うことができる、コストパフォーマンスに優れたシステムです。
※快適・適切な温度や湿度の感じ方には個人差があります。

今まで取得した公的認証・特許

「ファースの家」は、公的に認められた実績のある住宅です。今まで様々な公的認証、特許を取得しています。

断熱評定

樹脂による現場スプレー発泡方式では、日本で初めて「断熱評定」を交付されました。

平成5年12月22日
/ (財)住宅・建築 省エネルギー機構

特別評価方法認定
(気密方法)

樹脂発泡での断熱工事で、基礎・壁・屋根面を一体に包み込む事から断熱との単一施工で極めて高い気密性能が確保でき、国土交通大臣の認定を交付されました。

平成14年2月15日
/ 国土交通大臣

ソーラー住宅システム認定
(次世代型)

冬場は日射熱を室内に取り込み暖房省エネをはかり、夏場は高い太陽高度を利用して日射熱を遮蔽し、冷房と暖房に使用するエネルギーを大幅にカットした、次世代型ソーラー住宅システム認定を交付されました。

平成15年4月1日
/ (財)建築環境・省エネルギー機構

木造住宅合理化システム 
次世代耐用性能タイプ認定

品質確保促進法の劣化対策の最高等級(新築から75~90年間、構造躯体に使用されている材料の大規模改修を必要としない)以上の性能保持が評価を受けました。

平成16年4月1日
/ (財)日本住宅・木材技術センター